「アラン」完成♪

f0313736_09555001.jpg
「アラン」です♪
なかなか出てこない人間の服・・珍しく自分用のものを完成しました(笑)
アランはアイルランドの西部に位置するアラン諸島で生まれたフィッシャーマン(漁師)のセーター。編み物の彫刻ともいわれ、それぞれの模様に意味や願いが込められるという伝統のニット・・・本当に素敵で大切な伝統ニットの一つです。

今回は「毛糸だまNo.156」に掲載されていたものの丈を短くして自分は肩幅が広いので少し肩を広げて、普段着れるように編んでみました。
★糸 →「ケリーウール社アランウール Blue Flrck 」
    英語が堪能な尊敬すべき友人が輸入購入してくれたんです。感謝♪
★棒針 → 棒針。すそ・前立てが7号針。身ごろは9号針です。
      前立ては身ごろ~パーカーを続けて編むので、輪針も使用しました。
      
f0313736_09555362.jpg
後ろから見るとこんな感じ。

個人的には長袖だと編み物や作業するときにめくるのが手間だったり少し邪魔だったりするので、最近はシャツや薄いフリース等の上にベストや半袖~7分袖を着るのが肩もお腹も冷えず(笑)お気に入りなんです。
これは、キャップスリーブのように本当に小さなかのこ編みの袖を付けているので、これからの季節の出番多そうです。ハニカム模様等もたくさん入っていますが、軽くてなかなか着やすい♪

糸は編んでいるときはメリノー等の糸に比べて少しガサガサした感じかな??と思っていたのですが、出来上がって着てみるとそんな感じもありません。アラン用なので柄もきれいに出ているし非常に編みやすかったので、大満足でした。
まだまだ編んだことのない糸や伝統ニットがたくさんあるので、少しづつでも楽しく挑戦していこうと思います♪


     

by okeisanmail | 2014-03-14 10:36 | 編み物のこと